「自己肯定感」と「自己決定感」が低い人は、幸せも薄い?

”自分自身がパワースポットになる!”
「あなたらしい理想の生き方」を創りあげる
マインドアッププロデューサーの加藤朱実です。

 

朱実ブルージャケット

 

 

自己肯定感とは、
自分は生きる価値がある、誰かに必要とされている
と、自らの価値や存在意義を肯定できる感情の事を言います。

 

自己決定感とは、
自分で主体的に決めた事をやっているという感覚の事を言います。
自分の人生を自分で決めることが出来る、選択の自由があるということです。

 

今の自分じゃいやだ、変わりたい
と想っているのに、変われない場合の問題点は、
この2つが無い、又は低いと想います。

自分を自分で認めることが出来ず、また、自分で自分の人生を選択できないと、
当然、変わりたくても変われないですよね。

 

自己肯定感の低さと、自己決定感の低さは比例するように思います。

自己肯定感の高い人は、自分の人生を人に任したりしませんよね。

 

突然ですが、

私、中島みゆきさんの「宙船」好きなんです。

その船をこいでゆけ
お前の手でこいでゆけ
お前が消えて喜ぶものに
お前のオールを任せるな

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab1

やっぱり、自分の人生のオールは自分で握るべきだと想うのですよ。

 

自己肯定感も自己決定感もどちらも高めていきたいものですね。

 

10月枠10名様募集中

 

 

 

 

神ビジネスはあなたの中にある

無料メルマガでは、わかりやすくマーケティングやブランディングをお伝えし、
好きと出来るでビジネスをする方法をお話します

この記事を書いた人

加藤 朱実

★あなたの魅力を引き出す
ライフワークデザインOKURIMONO合同会社
*経営者様の未来サポート
コンサルティング・エグゼクティブコーチング・IT/SNSサポート
*従業員様のサポート
コーチング・講義/セミナー